株式会社新潟博報堂の事業と特徴

株式会社新潟博報堂とは、マーケティング事業をメインに活動している企業です。ブランディングや事業開発・戦略といった内容のコンサルティングなど、様々な事業を展開して各種企業・商品のマーケティングに力を注いでいます。同社の特徴やサービスなどについて見ていきましょう。

パートナー主義の戦略

株式会社新潟博報堂は2003年4月に創業されて以来、総合的なマーケティングに取り組んできた企業です。前身となる博報堂新潟支社は1985年から存在しており、マーケティング戦略を行う企業としての歴史や実績は折り紙付き。ニーズや時代の流れをマーケティングの観点から見つめてきた同社ならではの着眼点によって、各種様々な企業・商品・プロジェクトなどのマーケティングを後押ししてきた実績を持ちます。「地域広告会社」としての在り方を貫き、地元ならではの密着体制と、日本全国およびグローバルに広がるネットワークを駆使して、適格なターゲット層に的確なマーケティング戦略を行っています。

営業戦略として、同社では「パートナー主義」のやり方を貫いています。クライアントが繁栄することによって幸福が生まれるとの考え方に基づいて、生活者の観点から考え分析された情報をもとに、マーケティングにおける課題の解決を図ります。ブランディングや事業開発などのコンサルティングをはじめ、キャンペーン企画やクリエイティブな広告の制作など…ジャンルを問わない広範にわたるサービスが特徴です。

地域創生に注力

新潟に根差して様々な企業のコンサルティングに取り組んできた株式会社新潟博報堂は、新潟を中心とした地域創生事業にも積極的に取り組んでいます。2019年に新潟港が開港150周年を迎えた際には、新潟港を中心とした発展を助けるため、150周年事業を同社が実施しました。拠点性の向上や地域の活性化などに繋げるため、ブランディングや広報・プロモーション、シンボルマークの開発などを手掛けました。この取り組みは地元の多くの人の目に留まり、地域創生に役立てられています。

また、同社では地名を紐解く楽しい動画コンテンツ「地名ハンターα」などの、幅広い層に向けた動画コンテンツも配信しています。地域の声を鮮明に受け取って反映した内容と、クリエイティブで独創的なコンテンツの内容によって、現在はTV番組としても毎週放送されるほど。他にも県産品認知度向上事業や、芸術祭の広報業務などに携わるなど、様々な地域創生事業への貢献実績が挙げられています。

総合的なマーケティング

マーケティング戦略の立案からはじまり、ブランディングや事業開発、クリエイティブな広告・プロモーションの制作など…まさにワンストップでマーケティングにおける様々な支援を任せられる企業として、新潟博報堂が地元を中心に着実な実績を上げています。

メディア業務やイベントの企画に至るまで、多岐にわたるフィールドで事業を展開してきた同社ならではの、ノウハウや知識による総合マーケティングはどんな業種でも頼りになることでしょう。地域密着型としてはもちろん、グローバルな観点でもネットワークを張り巡らせる新潟博報堂ならではの、斬新かつ緻密な戦略が期待できます。