Click Holdings株式会社のbgs投資と半沢龍之介とは

bgsとは、エンターテイメント市場(カジノやゲーミング)の総合プラットフォームをリリースするプロジェクトとしてスタートしたもの。知名度はまだ低いものの、ゲームと仮想通過を融合した次世代のビジネス投資案件としてひそかに注目を集めています。

■bgs投資とは
ゲーミングと仮想通過を融合させたbgs(Be Gaming Station)は、オンラインの総合エンタメプラットフォームを運営する上での、オーナー募集案件です。半沢龍之介が代表取締を勤めるClick Holdings株式会社が事業として展開する、総合IT事業への投資として知られています。このプラットフォームは新たなスマートフォンアプリストアとして立ち上げられる構想があり、非常に成功率が高いという情報が公開されています。

現在スマートフォンの普及とインターネット中心になりつつある社会情勢において、ゲーミングやメディアは大きな賑わいを見せています。こうしたゲーミングやオンラインのプラットフォームは、今後もさらにニーズを集めることが期待できるでしょう。このニーズの高まりこそが、bgs投資への注目を集める理由となっているのです。

■bgsのメリット
すでに事業が進行しているbgsへ投資をすることで、確実性の高いリターンが期待できる点がbgsのメリットです。すでにbgsでは開発されたゲームが発表されているなど、事業としての成功が確認できています。もちろん100%の確率で成功する投資は存在しませんが、すでに事業実態が明かされており、成功の兆しが分かりやすいため、確実性の高い投資や、初心者でも出来る投資を探しているという人におすすめできると言えるでしょう。

またbgsの投資について、セミナー動画なども公開されています。気になる人が投資をせずともその内容についていつでも簡単にチェックできるという点も、投資へのハードルが低いbgsならではの魅力。ちなみにbgsは仮想通過などとは違い、事業投資に分類されるものです。事業としてマーケティングプランの骨組みが存在している点も、信頼性を高められる要素となっています。

■Click Holdings株式会社
大規模プラットフォームによるbgs投資を手掛けているのは、半沢龍之介が代表を務めるClick Holdings株式会社です。同社では画像・映像・音楽・ゲーム・素材といった各種様々なコンテンツを提供しており、オンラインが主流となる昨今において、ニーズの高い事業を多数取り扱っています。現在同社では中国・韓国を中心として、アプリの海外進出を目的としたクライアントに対し、アプリタイトルの制作・運営を積極的にサポートしています。翻訳やボイス収録、アニメーション作成など…コンテンツ制作の経験と実績を多数誇ります。

コンテンツ制作の他、トラベルビジネスやクロスボーダーといったソリューションサービスも提供しており、IT技術やコンテンツの取り扱いに長けたノウハウを有しているというのが、同社の特徴であり強みといえるところです。代表である半沢龍之介のノウハウと、企業としての実績の数々が、bgs投資の成功を裏付ける一理由となっています。