Click Holdings株式会社の代表半沢龍之介のbgs投資

Click Holdings株式会社では、アジア圏内でのグローバルビジネスを手掛けています。代表取締役の半沢龍之介氏率いる専任チームで、bgs投資の事業も展開しています。注目されている投資法であるbgs投資について、詳しく説明します。

■ビジネスの概要
Click Holdings株式会社は、bgs投資を行う会社です。半沢龍之介氏が代表取締役を務めており、総合IT事業やゲーム事業などを行っています。資本金は、およそ1億3000万円、東京都渋谷区に本社を置いています。2018年に創業していて、旅行会社としても認可を受けています。Click Holdings株式会社では、映像やゲーム、画像などのクリエイティブな作品のアイディアを提案する環境があり、クライアントの要求にすぐに応えることが可能な環境を整えています。

事業の大きな柱は、以下の通りです。クロスボーダー、アジアでのビジネススキームを作成し実施をします。越境ビジネスにおける提案をしています。独自のネットワークを活かした販売手法を提案し、実現します。プロモーション戦略の一環として、オンラインやオフラインでの多くの媒体メディアを取り扱っています。マーケティングとしての活用実績も豊富で、アドバイスを含めた運用や提案が可能です。クライアントの様々な要求に応じたプランを提案することも可能です。さらに、動画での自社メディアの企画と運営も順調に対応しています。

また、ゲーム事業の展開も対応可能です。中国や韓国などへ自社のアプリを作成して進出したい方にも経験豊かなスタッフのサービス提供が可能です。翻訳やアフレコ等の対応もでき、アニメーション制作も進めることができます。トラベル事業も行っており、中国や東南アジア地方への旅行手配が可能です。団体での予約が難しいシーンでも、多くの経験により対応することができます。

■bgs投資
Click Holdings株式会社では、bgs投資が話題になっています。ゲームから投資をする仮想投資です。まだ世間一般になじみのない投資方法ではありますが、オンラインを介して総合的なエンターテイメントでのプラットフォームでの投資活動です。ニュースやゲームなどのプラットフォームのオーナー募集における投資内容です。利回りが悪くないと、新しい投資方法に興味がある層から注目されています。まだ、始まったばかりの仮想投資ですので、慎重に投資に参加する必要はありますが、次世代の投資方法だということで、注目されています。

■半沢龍之介氏とは
ゲームの権利収入で投資ビジネスを展開しているClick Holdings株式会社の代表取締役です。BGSとは、Be Gaming Stationの頭文字を取ったものです。数多くのオンラインゲームを排出しているClick Holdings株式会社の新しい投資方法です。半沢氏がこれまでに出したゲームは数百にのぼり、その売り上げは数百億を優に超えています。これを投資に転用しようという発想から、BGS投資が行われています。仮想での投資活動になります。斬新なアイディアで仮想投資やオンラインゲームに携わる半沢龍之介氏の今後の活躍がますます期待されます。