bgs投資に参入している半沢龍之介ってどんな人?会社やbgs投資の特徴について

仮想通過などの様々な投資方法が注目される昨今で、独自のプロセスとメリットを持つbgs投資。bgs投資を独自に行っているClick Holdings株式会社と、その代表取締役を務める人物がどんな存在なのかを確認しておくと、bgs投資の仕組みが分かりやすくなります。

■半沢龍之介とは

半沢龍之介はClick Holdings株式会社の代表取締役社長を務める人物です。出身は中国の武漢市であり、大学を卒業後は21歳で来日し、情報工学博士号を修得するなど、目覚ましい学歴を持つことで知られています。日本で数々のキャリアを積んだ後に、gleeの中国事業統括ディレクターや新規事業責任者などを歴任し、実績を着実に積み重ねてきました。そして2014年にNDPmedeiaを、2016年にClick Techを創業するに至りました。 わずか2年で日本ネットマーケティングTop10入りを果たすなど、経営者として華々しい成功を収めています。エンジニアとしての知識や技術を持ちながら、マーケティング・プロデュース・コンサルティングといった範囲を問わない業種で活躍を見せているというオールラウンダーな活躍が半沢龍之介を有名にした一理由。現在はbgs(Be Gaming station)を集大成とするべく、同サービスをゲームやメディアコンテンツをネットで楽しむためのプラットフォームとして開発中です。

■Click Holdings株式会社について

数々の実績を残してきた半沢龍之介が代表を務めているのが、Click Holdings株式会社です。画像や映像、音楽、ゲームなど…ジャンルを問わない数多くのコンテンツを、ハイクオリティなクリエイティブ作品として生み出しています。クライアントの要望に合わせて、音楽の作成やゲームアプリタイトルの開発など…多岐にわたる対応が可能なのが同社の強み。 bgs(Be Gaming station)の開発・進行に取り組んでいるのもまた、同社の事業の一つです。ゲームコンテンツをはじめとした様々な娯楽コンテンツを提供するプラットフォームづくりとして、映像制作や音声データの制作まで、あらゆる事業に取り組んでいます。コンテンツ制作の他にも、トラベルビジネスやクロスボーダーなどにも精力的に取り組んでおり、クライアントの要望に的確に応えられるだけの事業が揃っていると言える環境です。

■bgs投資のこれから

bgs投資は、半沢龍之介が代表を務めるClick Holdings株式会社が手掛けているプロジェクトのことです。ゲームアプリを中心とした数々のコンテンツを取扱う、巨大プラットフォームとして開発・運用プロジェクトが進行しており、その投資案件として募集が行われているのがbgs投資というわけです。bgsはGoogle playストアやapp Storeなどに替わる、様々なゲームアプリのプラットフォームとしての運営が計画されています。 半沢龍之介氏は有名ゲームアプリタイトルの数々を取扱っており、ゲームコンテンツのマーケティングスキルにおいて実績が多く挙げられています。ゲームコンテンツを取扱うプロフェッショナルの取り扱うプラットフォームとして、bgsのリターンも大きくなると予測されているのです。独自のブランド力を持ったbgsは、投資の側面から見ても成功の確率が高いと評価されています。