bgs投資でおすすめの半沢龍之介がいるClick Holdings株式会社について

将来の不安から投資を始める人も増えてきました。若い世代に投資をする人が増えたのは老後を豊かに暮らしたいという人が多いからでしょう。老後資金として2,000万円という金額が出されていますが、これは豊かではなく普通に暮らすための資金です。今回はbgs投資に関することについて紹介していきましょう。これから投資を検討している人は参考にしてみてください。

■bgs投資に関すること
bgsは『Be Gaming Station』の略であり、新しいスマホアプリストアプラットフォームを立ち上げる構想のことを指します。現在はアップルストアやグーグルプレイストアなどがありますが、それ以外のプラットフォームを立ち上げるということです。成功することで、ゲーム配信をしている企業などは大きく状況が変わってくることになるでしょう。

中心人物となっている半沢氏は華々しい経歴を持っていることもあり、成功率が高いと言われています。ただ、投資は半沢氏ひとりがするものではなく、関わる人がいなければ意味がないのです。bgs投資は事業投資に分類されるものです。

2022年にはプラットフォーム収益が1,000億円になるという言葉も言われています。ネットでも注目されている投資なので現在投資を考えている人にもおすすめです。

■Click Holdings株式会社の特徴
bgs投資の中心人物になっている半沢龍之介氏がCEOを務める会社がClick Holdings株式会社です。Click Holdings株式会社の事業内容は総合IT事業やゲーム事業、メディア事業など多岐に渡るものです。Click Holdings株式会社はエンターテインメントコンテンツをグローバルに展開していく会社であり、新しいプラットフォームを立ち上げようとしていることも、事業の一環と考えてもいいでしょう。

さまざまなメディアでも紹介されていて、知名度はどんどん上っていっています。新しいプラットフォームの設立が成功することで、更に注目度は高まるでしょう。

■半沢龍之介氏について
半沢龍之介氏は先述したようにbgs投資の中心人物です。投資と聞くと不安を持つ人もいますが、ネット上を見ても分かるように1口6万円投資で年金レベルの配当金がもらえるという口コミもあります。1口500$から始めることができて、2022年には配当年利が150%、2025年には750%、2030年には3,750%を目標にしている案件です。

投資の利率が高いことで不安視する人もいますが、目標であって絶対に儲かるというわけではないのです。半沢龍之介氏は目標を高く掲げることで、更にbgs投資を飛躍的に注目させようとしているのでしょう。実際に新しいプラットフォームが完成すれば、アプリストアに革命をもたらします。そのことからも注目を集めている投資案件としても高く評価されています。

実際に完成することで、さまざまな企業が参入することで配当が多く集まることはあるでしょう。新しいプラットフォームという革新的なことを勧めることで、半沢龍之介氏の名前は飛躍的に知られるようになりました。

私以外にも、bgs投資をおすすめしている方のブログを貼ります。
ぜひご覧ください。

BGS投資 2020年3月から参入している私の見解(貴重