bgs投資のClick Holdings株式会社半沢龍之介氏

日本では、2021年1月の調査によるとガラケーとスマートフォンを持っている人の割合において、スマートフォンを所有している方の割合が92.8パーセントになりました。今回の新型コロナウイルスによって、電子決済が必要となったことが後押しとなり、ご年配の方がガラケーからスマートフォンに買い替える流れが増えた事が原因です。

■スマートフォンアプリ
スマートフォンを所有している人が多くなれば多くなるほど、スマートフォンアプリ市場は活性化していきます。ハイスペックなスマートフォンが登場するにつて、スマートフォンアプリのクオリティも向上していきます。スマートフォンは、スマートフォンアプリありきのコンテンツとなっており、老若男女問わず様々な人が活用しています。スマートフォンアプリ 市場規模は、2022年度には、630億ドルまで達すると予想されていて、一大市場が構築されています。

日本でもTIKTOKや放置少女など人気スマートフォンアプリを利用している方が多いのですが、これらのアプリを日本に紹介し、広めた人物がいます。その人物は、Click Holdings株式会社の代表取締役社長を務めている半沢龍之介氏です。半沢龍之介氏は、日本のスマートフォンアプリ市場に大きな影響力を持っている人物のひとりです。日本国内でヒットしているスマートフォンアプリの大半が、半沢龍之介氏によるものだとも言われています。

半沢龍之介氏が代表を務めているClick Holdings株式会社では、様々なサービスを提供しています。アジア諸国を対象にした越境ビジネスのコンサルティング行やソリューションサービスの提供、企業のマーケティング戦略やプロモーション活動。日本と韓国へも自社アプリの展開のサポート、実写やCGなどの映像制作など、事業内容は、多岐にわたっています。

■Click Holdings株式会社の魅力
Click Holdings株式会社では、他のIT系の企業とは違い、スピーディな事業展開を行っています。ゲーム業界は、クオリティはモチロンですが、何よりもスピードが命となっていますので、こちらの企業のようなフットワークの軽さや、新しい事業に飛び込んでいく勇気をもっていることは、非常に大きな強みとなっています。

こちらの企業が、力を入れて取り組んでいるのがAI搭載のチェーンレス電動アシスト自転車のHonbikeです。AIがペダリングに合わせて、適した出力をコントロールしてくれますので、誰が運転しても快適なサイクリングが楽しむことができます。また、車体が横に傾くと、アシストが発動し自動停車する機能も搭載されています。

■bgs投資
半沢龍之介氏は、投資家の方のために、bgs投資も行っています。このbgs投資は、ゲームやスマートフォンアプリを楽しむことができるプラットフォームの開発をするプロジェクトです。投資家の方は、この新しいプラットフォームの共同出資者になることによって、その利益を分配してもらうことができます。

スマートフォンアプリは、これからどんどんと市場規模が拡大していくコンテンツですので、早めに投資をしておくことで、大きなリターンが期待できます。bgs投資には、インカムゲインとキャピタルゲインとの両方がありますので、多くの方が満足できる内容となっています。bgs投資は、半沢龍之介氏のカリスマ的な魅力と、Click Holdings株式会社が行ってきた数々の業績に後押しされ、多くの方が共同出資者として名乗りを上げています。